離婚慰謝料を高額にする不倫調査のテクニック

離婚慰謝料を高額にする不倫調査のテクニック

離婚時の慰謝料請求において不倫調査はどれだけ有効的なのでしょうか。まず別れるためには何かしらの理由が必要です。もし急に妻や夫から別れたいと言われてしまったという方は、単に性格の不一致やすれ違いということで済ませるのではなく、相手に不貞行為が無いか調べてみることをおすすめしています。

 

その理由は離婚後に浮気が発覚して、後から損害賠償を請求するよりも不貞行為を離婚事由にして、その場で相手に補償を求める方が多い金額をもらうことができるためです。請求権には時効があるため、もし今別れようかと悩んでいる方は一度不倫調査を利用してみることを考えてみてください。費用について心配する方も多いですが、結果的に慰謝料をもらうことができたので損をすることは無かったという方が多くなっているので実際に見積りを取ってから考えてみてくださいね。

 

離婚慰謝料を請求するには、何らかの原因で損害を受けてしまったことを証明する必要があります。離婚事由に多い不貞行為は不倫調査を利用することでしっかりと証拠収集が可能です。もし交際している事が発覚すれば配偶者だけでなく浮気相手にも損害賠償を求めることが可能ですが、ただ誰かと付き合っているということに気がついただけでは、スムーズに手続きを行うことはできません。相手の身元特定についても調べる必要があるため、法的手段を検討している方は少しでも早く調査を行い、情報を収集することがポイントになっています。

 

⇒不倫調査の無料相談・見積もり依頼窓口